月別: 2017年11月

トイレのつまり:面倒

トイレ水洗式のトイレが開発されたことによりトイレは非常に使いやすくなりました。水洗式のトイレが開発される前は不快な臭いがトイレにはつきものでしたが、今ではそれに悩まされることは皆無となりました。

しかしながら、水洗トイレにもトラブルの可能性があることを忘れてはなりません。それがトイレのつまりです。トイレがつまってしまうともちろんトイレが使えなくなってしまうので大きな不便を被ることになります。簡単にトイレのつまりが解消できればいいのですが、場合によっては業者を呼ぶ必要も出て来ます。トイレのつまりによって水があふれるようなことになったら、非常に不衛生ですし、更には臭いが発生することも考えられます。

古いトイレをご使用の場合には配管が劣化している可能性が考えられますので、トイレが非常につまりやすくなっているかもしれませんので、トイレのつまりにはいつも敏感になっておいた方が良いでしょう。トイレがつまったのではないかと思ったらすぐに対処をするといいでしょう。すぐに対処できるようにトイレつまり対策に事前に解消道具をトイレに準備しておくこともお勧めです。また、大量の紙を流さないようにすることも日ごろから心がけておくといいでしょう。つまってしまってから後悔することのないようにしたいものです。

 

トイレのつまり:予防

トイレのつまりを起こさないようにするには予防をしておくのが肝要です。そのためには、トイレは何でも回収してくれる万能のごみ箱のようなイメージはまずは捨ててしまうと良いでしょう。トイレには確かにトイレットペーパーはクリーナーを流すことができますが、それにも限度がありますので、あまりにも多量のものを流してしまうと当然のことながらトイレがつまってしまいますので、限度を考えてトイレを使うことが必要です。何回かに分けて流すようにするのもお勧めです。

人とトイレ更には、十分な水量が無いとトイレはがつまりやすくなりますので、適正な水量をいつも保つようにすると良いでしょう。節水は経済的にも決して悪いことではありませんが、もちろんそれには限度があります。

また、小さな小物などをトイレに誤って流してしまうとトイレがつまってしまう原因となりますので、出来る限りトイレの周りには小物を置かないようにすると良いでしょう。特に小さなお子様がいるご家庭ではそれを徹底すると良いでしょう。トイレは毎日つかうものですので、アクシデントによって使えなくなってしまうと非常に困った状態になりますので、つまらないように日ごろから予防をしておくといいでしょう。

トイレのつまり:節水

トイレットペーパートイレのつまりの原因としては、トイレットペーパーを流し過ぎてしまったような場合にしばしばそれが起こるのですが、一方で節水をしすぎてしまった場合もつまりが起きてしまうこともあります。水を節約することは特に夏場は重要なことではあるのですが、あまりにも水を節約してしまいますと、水量不足になってしまってそれによって流しきれなくなってしまってつまりが起きてしまいます。だんだんと流しきれない物が配管の中でつまって完全に流れなくなってしまうことも考えられます。水を節約することは非常に大事な考え方ですが、トイレが詰まってしまっては意味がありませんので、水量については常に注意しておくことが肝要です。

同様に、配水管が古くなってくるとそれが劣化をしてしまうことが起きてしまいます。つまり配管の中に色々な汚れがこびりついてしまうことが起きてしまいますので、だんだんと水の流れが悪くなってしまい、最終的には完全につまってしまいます。配管の汚れを取り除くことは非常に難しいので、なかなかご家庭では対処することが難しいので、専門の業者に依頼するのがお勧めです。古いトイレをご使用の場合には定期的にメンテナンスをするとつまりにくくなります。