日別: 2017年11月1日

トイレのつまり:予兆

トイレのつまりには予兆があります。予兆を事前に察知することができれば、トイレのつまりを回避することが可能になります。着目していたほうが良いポイントはトイレの水位です。トイレが流れにくくなると流した時の水位が上がってきます。場合によってはあふれそうになる場合もあります。このような場合にはトイレが少しつまってしまっていることが予想されますので、迅速に対応をすれば完全につまってしまうことは防げます。

とりあえずは、詰まっているものを溶かすことを試みてみると良いでしょう。トイレのつまりを解消するための洗剤を購入して詰まっているものを少なくしていくことが大事です。そのまま放置すると完全にトイレがつまってしまって、修理が大変になってしまいます。専門の業者に修理を依頼するしか方策が無くなってしまいます。

水溢れる一方でトイレを流した場合に、ゴボゴボというような音がする場合もトイレがつまってきていることを現す兆候です。配水管の先の方でつまっている場合にはこのような症状がでてきます。このような状態の時にはご家庭で対応することは不可能ですので、専門の業者さんに修理を依頼するといいでしょう。いずれにせよ悪化してからではなく予兆の段階で修理をすると簡単にそして短時間で修理をすることが可能になります。予兆を感じたら、放置することは絶対に禁物です。まずは、業者さんを呼ぶなどして、トイレが詰まりかけているかどうかの確認をしてもらうと良いでしょう。