日別: 2017年11月6日

トイレのつまり:予防

トイレのつまりを起こさないようにするには予防をしておくのが肝要です。そのためには、トイレは何でも回収してくれる万能のごみ箱のようなイメージはまずは捨ててしまうと良いでしょう。トイレには確かにトイレットペーパーはクリーナーを流すことができますが、それにも限度がありますので、あまりにも多量のものを流してしまうと当然のことながらトイレがつまってしまいますので、限度を考えてトイレを使うことが必要です。何回かに分けて流すようにするのもお勧めです。

人とトイレ更には、十分な水量が無いとトイレはがつまりやすくなりますので、適正な水量をいつも保つようにすると良いでしょう。節水は経済的にも決して悪いことではありませんが、もちろんそれには限度があります。

また、小さな小物などをトイレに誤って流してしまうとトイレがつまってしまう原因となりますので、出来る限りトイレの周りには小物を置かないようにすると良いでしょう。特に小さなお子様がいるご家庭ではそれを徹底すると良いでしょう。トイレは毎日つかうものですので、アクシデントによって使えなくなってしまうと非常に困った状態になりますので、つまらないように日ごろから予防をしておくといいでしょう。